美人面犬の飼い方
4話ネタバレ、感想を紹介しています。

 

「美人面犬の飼い方」
無料試し読みはコチラ
画像をタップ

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

美人面犬の飼い方4話あらすじ

「美人面犬の飼い方」4話は、

 

「人間のペ◯スなんて」

「大きすぎて無理!!」

 

姉の身体を観察中に、
セ◯クスしたくなってしまった弟。

 

「私たちは姉弟で」

 

「あなたは人間、私は人面犬なのよ!」

 

と言われてるのに、

 

無理やり交尾をしてしまう!

 

という内容です
ヽ( ´∇`)ノ

 

美人面犬の飼い方4話ネタバレと見どころ

 

「僕のおちんちんを・・・」

 

「姉ちゃんのオマ◯コに挿れてみたいんだ!」

 

 

ベッドにあお向けで寝てる
アンナのオマ◯コに、

亀頭を押し当てていく弟。

 

 

「そんなのダメに決まってるじゃない!」

 

 

大好きな弟に頼まれているにに、

絶対に交尾なんて出来ない

という拒んでくるアンナ。

 

 

どうしても姉ちゃんに挿入したくて我慢出来ない弟と、

弟の交尾を拒否しないといけない姉。

極度の緊張に包まれながら、
お互いに目を見つめているのでした。

 

どうしても姉のオマ◯コに

チンポを挿入したい弟は、

 

チ◯ポを少しずつ少しずつ

まだ濡れたままのアンナのオマ◯コに、

押し込んでいくのでした。

 

人間と交尾するのは危険な行為

という事がわかってる姉。

 

 

「私たちは姉弟で…」

 

「あなたは人間、私は人面犬なのよ…」

 

 

鳴きながら弟を
説得していくのです。

 

 

男の強い力で、

抵抗してくる姉を押さえつけていく弟。

 

どうしてもセ◯クスしたい弟にはもう、

姉の言葉なんて
耳に入ってこないのです。

 

マ◯コに当たってる
勃起しているチ◯ポを

どんどん押し込んでいくのです。

 

 

それでも、

人間サイズのチ◯ポは、

人面犬のオマ◯コには

なかなか入っていきません。

 

ぐぐぐぐぐっっ

 

さっきまで手マンをされクンニをされていた姉のオマ◯コは、

弟の勃起しているチ◯ポの先っぽを

少しずつ飲み込んでしまうのでした・・・

 

「美人面犬の飼い方」
無料試し読みはコチラ
画像をタップ

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

美人面犬の飼い方4話感想

「美人面犬の飼い方」4話。

 

弟にレ●プ状態で処女を奪われてしまったお姉ちゃん。

 

涙を流してしまうシーンはとっても印象的でした。

 

処女という事も関係しているとは思いますが、

もともと小さい人面犬のメスのオマ◯コ。

 

弟が気持ち良くて、
何度も射精してしまうのは、

それほど締め付けが気持ちよかったんでしょうねヽ( ´∇`)ノ

 

「お姉ちゃん、壊れちゃう!」

 

って涙を流してるシーンは、

興奮してしまうので、

お姉ちゃんがカワイイなー

って思ってる方はチェックしてみて下さいね★

 

次回の
「美人面犬の飼い方」5話もお楽しみに!

次回の美人面犬の飼い方ネタバレはこちら

次回の
「美人面犬の飼い方」5話を少しだけネタバレすると、

 

「ケージの中で交尾してると、僕まで人面犬になった気分だよ!」

 

姉がいつも眠ってるケージの中で交尾する姉と弟。

 

「ワンワンっ!」

人面犬の吠え方を真似すると、

アンナは興奮してしまう・・・

 

とい内容になっています☆

 

次回、「美人面犬の飼い方」5話。

 

タイトル

「私はあなたの抱きまくらじゃないのよ」
親が不在の日は一日中人面犬とセッ○スする

→美人面犬の飼い方5話ネタバレはこちらから

「前回の美人面犬の飼い方のネタバレを見てみるかな?」という方はこちら

→美人面犬の飼い方3話ネタバレ

 

「美人面犬の飼い方を無料試し読みだけ読んでみるかな?」

という方は
こちらの画像をタップすると、
スグに無料立ち読みが出来ます☆

 

「美人面犬の飼い方」
無料試し読みはコチラ
画像をタップ

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

「もっと簡単に、美人面犬の飼い方のネタバレを知りたいんだ!」

という方はコチラのページで
「美人面犬の飼い方」のネタバレを全話まとめています。

 

「美人面犬の飼い方」の画像、見どころ、登場人物のプロフィール、他の人の口コミも紹介していますので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さいね♥

 

→美人面犬の飼い方【無料画像ネタバレ】

 

 

最後まで
「美人面犬の飼い方」4話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!